衛生的な車椅子用クッションの使用が今まで以上に重要な理由

今年は世界中の人々がCOVID-19との戦いに、適応し生活を変えることによって、挑戦してきました。各国政府は、在宅勤務、距離を保つ、積極的に手や触れる物を洗浄し消毒するように常に私たちに促してきました。医療従事者や車椅子利用者にとって,必要なケアを提供したり,受けたりするためには,身体的接触は避けて通れないものであります。

 

現在の状況で、最適な衛生状態を保つことは、これまで以上に必要不可欠であります。つまり、使用する福祉機器は、簡単に、頻繁に、衛生的な洗浄が可能であるようにしなければなりません。そうすれば、関係者全員の仕事や生活環境を可能な限り健康に保つことができます。

清潔で衛生的な車椅子用クッション、これほど簡単だったことはありません!

日常の移動手段が車椅子の方は、車椅子用のクッションを使われることが多いと思います。クッションは汚れてしまうこともあるので、適切に簡単に洗浄ができることが重要です。Vicair はこの問題を解決するために、 Vicair O2 車椅子用クッションを発売しました。

 

これらのエアーテクノロジーを使ったクッションは、60℃ (140ºF)まで洗濯機で洗うことができます。クッションをそのまま洗濯機に入れることができ、空気を充填したスマートセルはコンパートメントの中に入ったままなので、クッションのセットアップは維持されます。洗濯後、数時間風乾させれば、再び使用することができます。特別な機械や工程、消毒剤が不要で洗濯機と洗剤があれば、車椅子用クッションをこれまでになく衛生的に簡単に洗浄することができます。

Wheelchair air cushion Vicair Vector O2 - machine washable

マイクロクライメットによるさらなる衛生的なメリット

Wheelchair air cushion Vicair Vector O2 microclimate temperature controlWheelchair air cushion Vicair Vector O2 microclimate moisture control

温度と湿度の両方が車椅子利用者の座面のマイクロクライメットに影響を与えます。湿度が高く不衛生な状況では肌がダメージを受けやすくなるため、このマイクロクライメットを調節することは肌を更に保護するために重要なことです。Vicair O2車椅子用クッションのオープン構造は、丸洗いを可能にし、使用時にクッションが息を吹き返します。

 

空気も液体もクッションの中を自由に通り抜けます。この空気の流れが座面の温度を調節し、クッションに座った時に温まりにくく、汗をかきにくくすることに大きく影響を及ぼします。過度の汗や、飲み物をこぼす、失禁のアクシデントがあっても、クッションの表面に不衛生に溜まることなく、肌から離れていくので、涼しく清潔で健康的な状態を保つことができます。

 

車椅子用クッション、衛生状態、マイクロクライメットコントロール:Vicair O2は容易な選択です。これらのクッションは、毎日メンテナンスをしなくても、最初に設定するだけで、長期的に機能的な体位サポートが可能なことがわかればなおさらです。これにより、介護者と車椅子利用者の身体的な接触を最小限に抑えることに非常に役立ちます。

 

また、Vicair O2車椅子用クッションは、高性能の圧再分配、最適な体位サポートを提供し、非常にユーザーフレンドリーです。つまり、すべての車椅子利用者にとって完璧な完成品なのです。コロナの時には、特にそうかもしれません。